見どころ

ミラノ大聖堂の知られざる5つの珍事

ミラノ大聖堂(Duomo di Milano)は、ミラノ大司教区の大聖堂であり、イタリアの国定記念物でもあります。

イタリア共和国最大の教会であり、2番目に大きく(ローマのサン・ピエトロ大聖堂は厳密にはバチカン国にある)、表面積で世界第3位、体積で第6位の大きさです。

その壁の周りには魅力的な歴史や珍品がたくさんあり、その誕生や進化、内外に隠された芸術を研究することで発見できる珍品もたくさんあるのです。

Getty Images
ミラノ大聖堂:意外と知らない5つのこと
ミラノ大聖堂(Duomo di Milano)は、ミラノ大司教区の大聖堂であり、イタリアの国定記念物でもあります。イタリア共和国最大の教会であり、2番目に大きく(ローマのサン・ピエトロ大聖堂は厳密にはバチカン国にある)、表面積で世界第3位、体積で第6位の大きさです。その壁の周りには魅力的な歴史や珍品がたくさんあり、その誕生や進化、内外に隠された芸術を研究することで発見できる珍品もたくさんあるのです。
Getty Images
大聖堂の建設には6世紀を要した
この規模の教会は、ヨーロッパ各地で増改築や破壊を繰り返しながら、数世紀をかけて完成しました。大聖堂の正式な建設は1386年に始まり、19世紀に完成しました。フランスやイギリスの建築家や数学者が活躍し、それぞれの影響力を教会にもたらしました。
Getty Images
世界最多の彫像数
ドゥオモは、世界で最も多くの彫像がある建物で、尖塔やテラス、壁の間に配置された3,400体以上の彫像があります。これらの彫像の中には、キリスト教に関係する人物だけでなく、アルトゥーロ・トスカニーニやダンテ・アリギエーリ、ヴィットリオ・エマヌエーレ3世の彫像もあります。神聖な建物の外にある彫像はまさに芸術です。
Getty Images
自浄作用のあるカテドラル
1970年代、広場が車両通行可能になると、ファサードは細かい埃で真っ黒になってしまいました。そこで、ファサードの表面に特殊な防臭加工が施されました。これは、太陽光によって活性化され、建物の石材を自浄し、さらに空気中の汚染物質を浄化する役割を担っています。
Getty Images
世界で唯一、完全に歩ける屋根を持つ教会
階段またはエレベーターでドゥオモの最上階に到着すると、世界最大のゴシック建築の大聖堂の歩くことのできる屋根、8000平方メートルのテラスが目の前に広がります。 迷い込むような尖塔の森、大理石に刻まれた何千ものディテールが本のように広がり、落ち着いて目を通し、見上げるように鑑賞することができます。
Getty Images
イエスの十字架の釘の1本が聖堂に保存されている
身廊に立ち、後陣の40メートルの高さにある天井を見上げると、巨大な円形の金属の前に、小さな赤い光が見えます。この釘は、年に一度、9月にミラノの伝統的な儀式である「ニヴォラの儀式」によって、聖釘の聖遺物、つまりイエス・キリストを十字架にかけた釘の一本が聖遺物箱から取り出されて大聖堂の祭壇に運ばれます。 この儀式では、雲の形をした「リフト」が使われ、最もエキゾチックかつ興味深い儀式となります。
アートギャラリー プライベートコレクション
30/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.