アニマルズ

ラシュモア山に関する5つの知られざる事実

ラシュモア山国定史跡は、サウスダコタ州のブラックヒルズ山脈にある巨大な花崗岩でできた岩の彫刻群である。

ジョージ・ワシントン(1732~1799年)、トーマス・ジェファーソン(1743~1826年)、セオドア・ルーズベルト(1858~1919年)、エイブラハム・リンカーン(1809~1865年)の4人の有名なアメリカ大統領の顔が石に彫られている。

その荘厳さで世界中を魅了するこの有名な遺跡には、まだあまり知られていない不思議なことがたくさんあるようだ。

Di Bbadgett - Opera propria, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=16085819
ラシュモア山に関する5つの知られざる事実
ラシュモア山国定史跡は、サウスダコタ州のブラックヒルズ山脈にある巨大な花崗岩でできた岩の彫刻群である。 北米で最も訪問者の多い観光スポットのひとつであるこの記念碑には、ジョージ・ワシントン(1732-1799)、トーマス・ジェファーソン(1743-1826)、セオドア・ルーズベルト(1858-1919)、エイブラハム・リンカーン(1809-1865)という米国の最も有名な4人の大統領の顔が石に彫られている。作品の荘厳さで世界中を魅了する特異な場所だが、この有名な場所にはあまり知られていない珍事がたくさんあるようだ。
Di Louisvillejg - Opera propria, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=73705
オリジナル・プロジェクト
ガッツォン・ボーグラムと400人の労働者が、高さ18メートルの巨大な彫刻を彫った。当初の計画では、胸像を腰まで彫ることも含まれていたが、この困難なプロジェクトは資金不足のためにほとんど即座に断念された。さらに、作業員のノミでは到底足りなかったため、大量のダイナマイトを使って余分な花崗岩のほとんどを取り除いた。
Di Winkelvi - Opera propria, CC BY 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=68412961
大統領に関する議論
彫刻家のガッツォン・ボーグラムは、ラシュモア山を民主主義の神社にしたいと考えていたので、どの大統領を入れるかについて議論があった。ワシントン、リンカーン、ジェファーソンの3人は簡単に決まった。しかし、4人目の顔を誰にするかについては多くの議論があった。ボルグラムはテディ・ルーズベルトを希望したが、他の人たちはウッドロウ・ウィルソンを希望した。結局、ボルグラムはテディ・ルーズベルトを選んだ。
Di Winkelvi - Opera propria, CC BY 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=68401245
山の名前
山名は、1885年にこの地を訪れたニューヨークの弁護士チャールズ・E・ラシュモアにちなむ。ラシュモアは山の名前を尋ねたところ、皮肉にも「ラシュモア山」を提案されたと言われており、これが後に正式名称となった。
Di Carol M. Highsmith - Library of CongressCatalog: http://lccn.loc.gov/2010630618Image download: ht
当初、配置は異なる予定だった。
トーマス・ジェファーソンの像は当初、ワシントンの右側のエリアに設置される予定だったが、工事が始まってから岩が適さないことが判明し、爆薬で作ったものを破壊してやり直すことになった。
Di Jonathunder - Opera propria, GFDL 1.2, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=62533188
顔の奥の部屋
彫刻が施された面の後方にある渓谷には、1998年に作られた岩をくりぬいた部屋があり、そこには16枚の磁器エナメルパネルが貼られた丸天井があり、独立宣言と憲法の文章、4人の大統領とボルグラムの伝記、アメリカの歴史が書かれている。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.