見どころ

コロッセオの知られざる珍事

ローマのコロッセオは、馬上槍試合や剣闘士の戦い、演劇が行われた古代の闘技場で、イタリアで最も有名なモニュメントであり、イタリアを語るとき、すぐに思い浮かぶものです。

その歴史と、何世紀にもわたって大きく変化してきたこの素晴らしい建物にまつわる伝説は、矛盾や問題、そして美しさを持つイタリアの魂に深く刻まれています。

世界で最も有名な観光スポットのひとつであるにもかかわらず、間違いなくあなたの知らないことがいくつかあり、その内容に驚かされることでしょう。

Getty Images
コロッセオの知られざる事柄
ローマのコロッセオは、馬上槍試合や剣闘士の戦い、演劇が行われた古代の闘技場で、イタリアで最も有名なモニュメントであり、イタリアを語るとき、すぐに思い浮かぶものです。その歴史と、何世紀にもわたって大きく変化してきたこの素晴らしい建物にまつわる伝説は、矛盾や問題、そして美しさを持つイタリアの魂に深く刻まれています。世界で最も有名な観光スポットのひとつであるにもかかわらず、間違いなくあなたの知らないことがいくつかあり、それにまつわる内容に驚かされることでしょう。
Getty Images
不思議なことだが、世界最古の人類の建造物の一つではない
コロッセオはずっとそこにあるように思われていますが(実際、私たちの時代に伝わってきた古代ローマの最も堂々とした姿である)、私たちの時代に伝わってきた最も古い建物のひとつというわけではありません。コロッセオはフラウィウス朝時代に建設され、ヴェスパシアヌスによって始められ、ティトゥスによって完成し、AD80年に落成しました。つまり、このコロッセオは2,000年前のものであり、他の人工建造物、例えばギザのピラミッド(紀元前2,550年に建造されたと推定されている)やドルイド教の遺跡ストーンヘンジ(5,000年も前のものと推定されている)を考えると、そこまで古いものではないのです。
Getty Images
ユリウス・カエサルはコロッセオに足を踏み入れなかった
現代の小説や映画では、歴史上最も有名なローマ帝国初代皇帝ガイウス・ユリウス・カエサルが、コロッセオで剣闘士の戦いを見ながらワインを飲んでいる姿を想像するのが普通になっています。しかし、これが今日まで偽りの神話として残っているのは実に不思議なことで、ローマの偉大な指導者であり政治家であった彼は、コロッセオに入ることを許されなかったのです。
Getty Images
「グラディエーター」は正しい:闘技場に降り立った皇帝たち
リドリー・スコットは、マルクス・アウレリウスの息子である皇帝コモドゥスが、ラッセル・クロウ演じるマクシマス・デキマス・メリディウスと戦うために、自らコロッセオの闘技場に降り立つ姿を、名作映画の中で描いています。実際に皇帝が自ら闘技場に降り立ち、剣闘士ではなく猛獣と闘うということがありました。まれに剣闘士と戦うとき、彼らは木刀を持っており、支配者を傷つけるようなことがあれば、厳しい罰が下されました。
Getty Images
もともとはコロッセオという名前ではなかった
コロッセオの語源はコロッサスであり、円形闘技場の外に設置されていた高さ35メートルの「ネロの巨像」に近いことから、建物の名前として使われるようになったのです。ラテン語を話せない人には理解しにくいかもしれません。さらに、「コロッセオ」という名称が広まったのは中世になってからで、像とは別に、ラテン語の形容詞「コロッセオ」(中世初期に1~2階建ての家屋の間で登場した「巨像」と訳される)が一般的に変形したことに由来するとも考えられます。コロッセオはもともとフラウィウス円形闘技場(ラテン語:Amphitheatrum Flavium)または単に円形劇場(イタリア語:Anfiteatro)として知られていました。
Getty Images
尊者ベデの予言
「コロッセオが存在する限り、ローマも存在する。コロッセオが崩壊すれば、ローマも崩壊する。ローマが崩壊すれば、世界も崩壊する」。これは、紀元8世紀に策定されたベデ尊者の予言です。果たして、それは当たるのでしょうか。
アートギャラリー プライベートコレクション
30/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.