シーイーシー

魅惑のオアシス、ビデロサ:サルデーニャ島に守られた白砂の楽園

サルデーニャの緑に囲まれた、この世のものとは思えないオアシスへ。森と地中海のマキに囲まれた5つの入り江からなる地上の楽園、ビデローサのオアシスを発見してください。

ジュニパーや松、ホルムオークに縁取られた通りを散策したり、透き通った海に飛び込んだり、白い砂浜で樹齢数百年のジュニパーが舞う様子を眺めたり。

トレッキングコースのスリルを味わい、芸術的な花崗岩のレリーフを鑑賞し、細かい砂と海ユリの海で泳ぐ。ビデロサは、静寂と美の聖域として守られてきた宝物なのだ。

photo by Riccardo Mantica
サルデーニャ島にあるこの世のものとは思えないオアシス(イタリア)
ジュニパーや松、ホルムオークに縁取られた長い道のりを抜けると、突然目の前に輝く白砂が広がる。この感覚は、この世のものとは思えないが、実際には存在し、どのように存在するかというと、それはビデローサのオアシス(サルデーニャ-イタリア)である。
photo by Riccardo Mantica
リザーブを楽しむ
車やバイクでの立ち入りは5月から10月末まで制限されている。自転車や徒歩での立ち入りは季節による制限はないが、緑に囲まれた静かな一角を守るため、規制を守らなければならない。トレッキングツアーに参加すれば、保護区にどっぷりと浸かることができる。次々に現れる緑、芸術的な花崗岩のレリーフ、雪のように白い海岸線に横たわる樹齢数百年のジュニパーを眺めることができる。
photo by Riccardo Mantica
魅惑的な風景を探索する
きめ細かい白砂、ウミユリ、花崗岩の露頭が5つの小川を特徴づけている。植物が香りを漂わせ、透き通った浅瀬の海に洗われた、魅惑的で静かな風景だ。岸から数十メートル離れていても、一定の深さの海で泳いだりシュノーケリングしたりすることができる。オアシスには、コルク樫とオークの木に覆われたトゥッタヴィスタ山、アレッポ松と国内松に覆われたフイール・エ・マーレとセナ・エ・サチタも含まれ、蒸し暑い時間にはピクニックやリラクゼーションのためのテーブルを見つけることができます。
photo by Riccardo Mantica
魔法のような場所を発見する
ユーカリ、ジュニパー、そして地中海のエッセンスが、小川に続く未舗装路の終点であなたを迎えてくれます。松林を抜け、サ・クルチュリカ(オロセイ方言でムーヘン)のラグーンを横切るこのコースには、留鳥や渡り鳥が生息しており、バードウォッチング・ステーションで観察することができます。その隣にはウルカトゥ山があり、山頂からは何キロも続く整然とした小道ときれいなビーチが見える。ビデロサはオロセイの真珠と呼ばれる有名な観光地で、ドルガリとの境にあるカラ・リベロット、カラ・ジネプロ、マリーナ・ディ・オロセイ、カラ・オサラなど、夢のようなビーチが自慢です。
photo by Riccardo Mantica
バードウォッチング・スポットがある
道中、絵葉書のようなパラダイスに魅了されることだろう。危険や砂ぼこりを避けるため、時速20キロで走ることが義務付けられているが、運転中は気を取られすぎないように注意しよう。急ぐと、花のディテールを見逃すことになる。未舗装路の途中には、サ・クルクリカ(Sa Curcurica)の巨大な池や、ビデロサ(Bidderosa)の小さな池がある。 ビーチに向かう途中には、バードウォッチングのスポットを示す標識がある。 ピンクフラミンゴ、アオサギ、サギなどの鳥類を観察できるポイントだ。 また、トレッキングルートの標識もある。
photo by Riccardo Mantica
ビデロサ・オアシスの位置
ビデローサ・ビーチは、オルビア(イタリア・サルデーニャ島)の南約50kmに位置し、オロセイ(Orosei)方面の国道125号線を通って行くことができる。入り口は、インフォメーション・オフィスのあるレセプションの方向を示す大きな木製の看板が目印。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.