CULTURE

古代の最も美しい彫像の数々を鑑賞できる場所

古典文明が栄えたヨーロッパ大陸の歴史を物語る、真の傑作といえる彫像があります。

これらの彫像は、その美しさ、実際のディテールを忠実に再現していること、そしてその壮大さによって、世界中で賞賛されています。

ここでは、ギリシャからローマに至るまで、古代の最も美しい古典的な彫像を鑑賞することができます。

Wikimedia Commons, Getty Images
古代の壮大な彫像を鑑賞できる場所
古典文明が栄えたヨーロッパ大陸の歴史を物語る、真の傑作といえる彫像があります。 これらの彫像は、その美しさ、実際の細部を忠実に再現していること、そしてその威厳から世界中で賞賛されています。 ここでは、ギリシャからローマまで、古代における最も美しい古典彫像を紹介します。
Getty Images
ミロのヴィーナス(紀元前130年):ルーヴル美術館、パリ
ミロのヴィーナスは、高さ202cmの大理石の彫刻です。その後失われた台座の碑文から、アンティオキアのアレクサンダーの作品と考えられています。この像は、1820年にギリシャのミロス島の農民の土地で2つに割れているのが発見されました。描かれている人物はアフロディテ(ローマではヴィーナス)ではないとする学者もいます。なぜなら、彼女は愛の女神と確実に対応できるような特徴を持っていないからと言われています。
Merulana, Wikimedia Commons
マルクス・アウレリウスの騎馬像(AD176-180):カピトリーニ美術館、ローマ
ローマ皇帝、哲学者、作家であるマルクス・アウレリウスを描いた印象的なブロンズ像で、作者は不明です。古代におけるブロンズ像のほとんどは、西ローマ帝国の崩壊後、他の目的のために金属を得るために鋳造されたものであるため、この像の歴史的・芸術的価値は非常に高いのです。マルクス・アウレリウスの死後すぐに作られたと考えられており、その場所は何世紀にもわたって何度も変更されています。
Xp8888, Wikimedia Commons
踊るサテュロス(紀元前4~2世紀):サティ―ロ・ダンツァンテ博物館、マザラ・デル・ヴァッロ(シチリア島)
ギリシャ神話に登場する、ディオニュソスになぞらえたサテュロスを描いたこのブロンズ作品の作者は不明です。1997年7月、漁船がシチリア海峡の海底からブロンズ像の脚を釣り上げてしまいました。1998年3月4日から5日の夜、同じ漁船が海底500メートルから、現在もシチリア島に保存されている彫刻の残りを持ち帰ったのです。
Wikimedia Commons
アルテミシウス岬のクロニデ(前480-470年):アテネ国立考古学博物館
この像は、雷鳴か三叉の矛を投げている男性の姿を表しているので、ゼウスかポセイドンを描いたものと思われます。この作品は、ギリシャのエウボエア島の海底で、ローマ時代のものと思われる船の残骸のそばで発見されました。
Livioandronico2013, Wikimedia Commons
サモトラケのニケ(紀元前2世紀):ルーヴル美術館、パリ
ニケはヘレニズム時代にロードス島で彫刻されたと推定され、作者は不明ですが、この像の作者をロードス島のピトクリトスとする学者もいます。構造は、スポーツや戦争での勝利を象徴する若い翼を持つ女神ニケを描いています。
AlMare, Wikimedia Commons
リアス青銅器(紀元前5世紀):マーニャ・グレーチャ国立博物館、レッジョ・カラブリア
世界的に有名なリアス青銅器は、古典期における最も重要な彫刻の傑作のひとつとされていますが、特定の彫刻家の作品であると断定できるような詳細な情報は得られていません。1972年8月16日、アマチュアダイバーが水深8mの地点で発見しました。ダイバーは、2体の彫像のうち1体の左腕が砂から浮き出ていることに気づき、それが唯一の特徴でした。
Getty Images
カピトリーナの女狼(紀元前490~480年):カピトリーニ美術館、ローマ
当初は、ロムルスとレムスを養う伝説の女狼だけが描かれ、双子はその後、紀元15世紀に追加されました。この作品は、ローマ建国の歴史的神話を象徴するものであり、古代ローマ人の栄光の歴史を象徴する、現在のローマの最も優れたイメージとなっています。
Naples National Archaeological Museum, Wikimedia Commons
ポリクリトスのドリフォロス(紀元前5世紀):ナポリ国立考古学博物館
ポリクリトスによるドリフォロスの原型は失われてしまいましたが、最もよく知られ、賞賛されているのはナポリに保存されているもので、学者たちによれば、原型を忠実に再現しているとのことです。この像はドリフォロス、すなわち槍を持つ者を表しており、1797年にヴェスヴィオ火山での考古学的発掘調査の際に発見されました。
Lalupa, Wikimedia Commons
ファルネーゼアトラス(紀元2世紀):ナポリ国立考古学博物館
この彫刻は、巨人アトラスが天球儀を肩に担いで疲労している姿を描いています。この作品の特徴は、天球を理想的に外側から見ていること、つまり、地球から見た通常の描写と比較して、星座の位置が逆になっていることです。天球上には赤道、熱帯、北極と南極の2つの円が存在します。したがって、ファルネーゼ・アトラスが基本的な作品であることは明らかです。なぜなら、このアトラスは、古典時代の概念に基づく星座の最も古い、最も完全な描写の一つだからです。
After Epigonus of Pergamum, Wikimedia Commons
瀕死のガラタ(紀元前230~220年):カピトリーニ美術館、ローマ
原作は、ヘレニズム時代の彫刻家エピゴヌスの作とされるブロンズ像です。ローマに保存されているものが最もよく知られており、半身を起こし、顔を下に向けた瀕死のガリア戦士が極めてリアルに描かれています。 口ひげ、長く太い髪、ケルト人の典型的な首飾りである「torque」など、ケルト人兵士の典型的なディテールが描かれています。
After Myron, Wikimedia Commons
ミロンのディスコボルス(前455年):マッシモ宮殿ローマ国立博物館、ローマ
原型はミロンによるブロンズ像でしたが、その後ローマ時代に大理石の複製がいくつか作られ、その中でもローマに保存されている「Lancellotti」という像が最も優れています。原作はおそらくスパルタのために作られたもので、円盤投げをする選手を描いています。この彫刻は、解剖学的な細部を忠実に再現しており、投げる前の瞬間をまるで写真のように完璧に描写していることから、世界中で高く評価されています。
Emanuele Liali, Wikimedia Commons
ラオコーン群(紀元前1世紀~紀元後1世紀):バチカン美術館、バチカン市国
この巨大な彫刻作品は、『アエネイス』に登場する有名なエピソード、すなわちトロイの予言者であり司祭であったラオコーンの死を描写しています。ギリシャ人がトロイに名馬を持ち込んだとき、司祭はその欺瞞に気づき、仲間に警告しましたが、アカイア人の味方をした女神アテナは、ラオコーンに罰を与え、2匹の巨大な海蛇を送り、子供たちとともに占い師を粉砕した、というのが『アエネイス』に引用されている話です。この像は、ラオコーンの肉体的、精神的な苦しみをすべて表現しており、その劇的な迫力が評価されています。また、海蛇の手から逃れようとするラオクーンの体のゆがみも詳細に表現されています。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.