見どころ

ミラノのシンボル、スカラ座の知られざる5つの魅力

スカラ座(Nuovo Regio Ducal Teatro alla Scala)、通称スカラ座は、ミラノの主要なオペラハウスです。世界で最も権威ある劇場のひとつとされ、245年にわたりオペラ、バレエ、クラシック音楽の国際的な分野で一流のアーティストを迎えてきました。

1778年に開設されたこの劇場は、長年にわたってミラノ市のシンボルのひとつとなり、舞踊やクラシック音楽の歴史において最も重要な芸術家たちが公演を行ってきました。毎年、スカラ座の公演シーズンが始まると、ミラノ内外の上流階級の人々が集まります。

ミラノの中心を通る観光客は、誰もがこの美しい建物を一目見ようと通り過ぎるのです。

Getty Images
スカラ座についてあなたが知らない5つのこと
スカラ座(Nuovo Regio Ducal Teatro alla Scala)、通称スカラ座は、ミラノの主要なオペラハウスです。世界で最も権威ある劇場のひとつとされ、245年にわたりオペラ、バレエ、クラシック音楽の国際的な分野で一流のアーティストを迎えてきました。1778年に開設されたこの劇場は、長年にわたってミラノ市のシンボルのひとつとなり、舞踊やクラシック音楽の歴史において最も重要な芸術家たちが公演を行ってきました。毎年、スカラ座の公演シーズンが始まると、ミラノ内外の上流階級の人々が集まります。ミラノの中心を通る観光客は、誰もがこの美しい建物を一目見ようと通り過ぎるのです。
Getty Images
スカラ座と呼ばれる理由
ジュゼッペ・ピエルマリーニが設計し、1778年にアントニオ・サリエリ作曲のオペラ「L'Europa riconosciuta」で開幕したこの建物は、1776年の火災でドゥカーレ劇場が焼失した後に建てられました。この劇場の名前の由来となったサンタ・マリア・デッラ・スカラ教会も、この建物のために取り壊されました。
Getty Images
「幽霊が出る」劇場
スカラ座には、19世紀に若くして亡くなった有名なソプラノ歌手、マリア・マリブランの幽霊が出るという伝説があります。また、マリア・カラスの霊を見たという人もいます。
Di Jean-Christophe BENOIST - Opera propria, CC BY 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?cur
電灯の登場
1883年のサント・ステーファノの日、ポンキエッリの「ジョコンダ」初演の際、サンタ・ラデゴンダのエジソン発電所で2450個の電球が点灯されました。
Getty Images
桟敷は家族のものだった
桟敷は各家庭が所有し、何らかの形で劇場に貢献し、補助金を出していました。そのため、各家が好きなように飾ることができたのです。実際、豪華に飾れば飾るほど、その家の豪華さや地位がよくわかるのです。しかし、舞台正面の一階席の幕だけは、厳格に統一されなければならなかったのです。
Getty Images
その昔、スカラ座にはギャンブルもあった
19世紀初頭、ミラノのスカラ座では公演の前後にギャンブルが行われていました。実際、客席にあった700脚の椅子は撤去され、自由に遊べるスペースが作られていたのです。アレッサンドロ・マンゾーニ自身、スカラ座に出入りしていたブルジョワ/貴族階級の間で流行していたカードゲームに夢中だったと言われています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.