見どころ

ウィンザー城についてあなたが知らないかもしれない5つの興味深い事実

ウィンザー城は、英国バークシャー州ウィンザーにある宮殿と王宮で、英国王室との長年の関係とその建築様式で重要視されている。

イングランド王ヘンリー1世の時代(12世紀)以来、エリザベス2世を含む数多くの英国君主が居住してきた。この城の美しさは、今やウェストミンスター寺院やバッキンガム宮殿といった他の建築物と肩を並べてイギリス人の心の中に入り込んでいるほどだ。

このような領地には、おそらく誰もが知っているわけではない多くの謎や不思議が隠されている。何世紀もの歴史が分厚い石垣を通して語られるこの城の過去を知ることは、おそらく興味深いことだろう。

Di Diego Delso, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=35327450
ウィンザー城に関する5つの興味深い事実
ウィンザー城は、英国バークシャー州ウィンザーにある宮殿と王宮で、英国王室との長年の関係とその建築様式で重要視されている。イングランド王ヘンリー1世の時代(12世紀)以来、エリザベス2世を含む数多くの英国君主が居住してきた。この城の美しさは、今やウェストミンスター寺院やバッキンガム宮殿といった他の建築物と肩を並べてイギリス人の心の中に入り込んでいるほどだ。このような領地には、おそらく誰もが知っているわけではない多くの謎や不思議が隠されている。何世紀もの歴史が分厚い石垣を通して語られるこの城の過去を知ることは、おそらく興味深いことだろう。
Di Mark S Jobling - en.wikipedia, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1908
世界最古の城
英国王室にとって、そして最近亡くなったエリザベス女王2世自身にとっても、ウィンザーは世界で最も古く、最も大きな城である。この要塞はテムズ川南岸に5ヘクタールの敷地を持ち、女王は週末や復活祭、ロイヤル・アスコット・イベントをここで過ごすことが多かった。
Di Cristian Bortes - Windsor Castle - London, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?c
重要な美術コレクションが収蔵されている
宮殿の上部には有名な王立図書館があり、英文学にとって特に重要な古いテキストが収められているが、それだけではない。実はこの図書館の中には、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ハンス・ホルバイン、その他多くの不朽の芸術家による素晴らしい素描のコレクションもあるのだ。
Di Diliff - Opera propria, CC BY 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1355522
1992年の火災
1992年、君主が公式のレセプションに使用するステートルームであるセミ・ステートルーム9室が大火災に見舞われ、甚大な被害を受けた。火災は邸宅の総面積の約5分の1に及んだ。総額3,700万ポンドをかけた大規模な修復工事により、邸宅は火災前とまったく同じように再建された。
Di Diliff - Opera propria, CC BY 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3811084
エリザベス2世もこの城に眠っている
ウィンザー城内に多くの英国王族が埋葬されていることは驚くにはあたらない。最も有名なのは、エドワード4世、ヘンリー6世、ヘンリー8世とジェーン・シーモア、エドワード7世とアレクサンドラ女王、ジョージ5世とメアリー女王だ。エリザベス2世もここに眠っている。
Di Immanuel Giel - Opera propria, Pubblico dominio, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=
ドールハウス
ウィンザー城の中にも、おそらく世界で最も有名な人形の家がある。イギリスの建築家エドウィン・ルーティエン卿が、1921年から1924年までの3年間、この家の設計に携わった。この家はメアリー王妃のためのものだった。具体的には、1920年代の貴族の邸宅を12分の1の縮尺でほぼ完璧に再現したものだ。
ハリウッドニュース
25/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.