見どころ

ローマのトレビの泉についてあなたが知らない5つのこと

トレビの泉は、建築家ニコラ・サルヴィによってポーリ宮のファサードに造られた、ローマ最大の有名な噴水です。1732年に建設が開始されたこの有名な噴水は、30年以上後の1762年に完成しました。

何世紀にもわたり、観光客や首都を通過する人々が必ず立ち寄る場所となったのです。その人気は高まり、現在では世界で最も有名な噴水であるだけでなく、最も多くの観光客が訪れる観光名所のひとつとなっています。

幸運のシンボルとして泉にコインを投げ入れる風習が有名ですが、この風習の始まりにはさまざまなエピソードがあります。コロッセオ、フォロロマーノ、その他のローマの驚異と同列に語られるこのローマのシンボルには、多くの興味深い事実があるのです。

Di NikonZ7II - Opera propria, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11523014
トレビの泉についてあなたが知らない5つのこと
トレビの泉は、建築家ニコラ・サルヴィによってポーリ宮殿のファサードに建てられた、ローマで最も大きな有名な噴水です。 1732年に始まったこの有名な噴水は、30年以上後の1762年に落成しました。そして、何世紀にもわたり、観光客や首都を通過する人々が必ず立ち寄る場所となったのです。その人気は高まり、現在では世界で最も有名な噴水であるだけでなく、最も多くの観光客が訪れる観光名所のひとつとなっています。幸運のシンボルとして泉にコインを投げ入れる風習が有名ですが、この風習の始まりにはさまざまなエピソードがあります。コロッセオ、フォロロマーノ、その他のローマの驚異と同列に語られるこのローマのシンボルには、多くの不思議な事実があるのです。
Getty Images
トレビの泉と呼ばれる理由
この名前にはさまざまな仮説があります。ひとつは、"トレビ "という地名が、ティブルティーナ近くの発祥の地である "トレビウム "に由来するというもの。第二の仮説は、トレビは「トリビオ」に由来するというもので、コッラティーナ、プレネスティーナ、ティブルティーナの3つの道路が交差する場所で、そこから水が流れている。第三の仮説は、干ばつの時に呼び出され、「トレビ」と呼ばれる神殿を持っていたニンフ、イウトゥルナにちなむというもの、です。
Getty Images
コインの投げ入れ
トレビの泉にコインを投げ入れると、ローマに幸せに帰れるという言い伝えがあります。 コインを投げ入れるようになったのは、19世紀から20世紀にかけてローマに長く滞在したドイツ人考古学者ヴォルフガング・ヘルビッヒによるとされています。 コインを2枚投げ入れるとローマ人との恋愛が、3枚投げ入れると同じ人との結婚が約束されるといいます。
Getty Images
トレビの泉のお金は誰の手に
ローマ市は2006年から、この噴水から集められた硬貨(1日あたり約3,000ユーロ)を首都のカリタス(貧しい人々や困窮者を支援するキリスト教団体)に寄付することを決めました。しかし、夜間に無許可でコインを回収しようとする犯罪者が後を絶ちません。
Getty Images
泉の水の信仰
まだ泉から水を汲んで飲んでいた頃(何世紀もの間、人々は泉の水を飲んでいた。現在では灌漑用水や他の泉水としてしか使われていない)、女性たちは、おそらく戦争や長旅のために旅立つ男たちに、その水をコップ一杯飲ませたと言われています。そのあと、そのグラスは幸運と貞節の印として割られたということです。
Youtube Frame/ https://www.youtube.com/watch?v=7_hfZoe9FHE
映画界は噴水を無視できなかった
ネオリアリズムの誕生とイタリア映画の爆発的なヒットによって、トレビの泉はローマで、そしておそらく西洋映画界で最も撮影された場所のひとつとなったのです。この映画シーズンの世界的に有名な傑作のひとつは、フェデリコ・フェリーニ監督の1960年の映画『甘い生活(La dolce vita)』で、美しいアニータ・エクバーグが泉に飛び込み、マルチェロ・マストロヤンニを誘っているシーンです。
ハリウッドニュース
25/04/2024
自然界の出来事
25/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.