見どころ

ローマのインペリアル・フォーラムについてあなたが知らない5つのこと

インペリアル・フォーラム(フォロ・ロマーノ・インペリアーレ)は、ユリウス・カエサルとアウグストゥス帝、ヴェスパシアヌス帝、ネルヴァ帝、トラヤヌス帝が1世紀半(紀元前46年から紀元後113年まで)にわたりローマの中心部に建設した5つの広場である。

その保存状態の良さと、何よりもその長い歴史のおかげで、永遠の都の主要な見どころのひとつとなっている。実際、これらの建造物は、ローマ帝国が最大限に拡張された時期と一致しており、それゆえ、私たちの文明の真の発祥地となっている。

何世紀もの長い年月を経た今なお、多くの不思議なものが隠されている。そして、その名前や配置に光を当てるだけでも、実に興味深いものがある。

Di This Photo was taken by Wolfgang Moroder.Feel free to use my photos, but please mention me as the
インペリアル・フォーラムに関する5つの興味深い事実
インペリアル・フォーラムは、ユリウス・カエサルとアウグストゥス帝、ヴェスパシアヌス帝、ネルヴァ帝、トラヤヌス帝が1世紀半(紀元前46年から紀元後113年まで)にわたりローマの中心部に建設した5つの広場である。その保存状態の良さと、何よりもその長い歴史のおかげで、永遠の都の主要な見どころのひとつとなっている。実際、これらの建造物は、ローマ帝国が最大限に拡張された時期と一致しており、それゆえ、私たちの文明の真の発祥地となっている。何世紀もの長い年月を経た今なお、多くの不思議なものが隠されている。そして、その名前や配置に光を当てるだけでも、実に興味深いものがある。
Di Jordiferrer - Opera propria, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=544237
不可能に近い発掘
ローマの地下を掘るのは、発見される遺物の数を考えると非常に複雑であることが知られている。特にフォロ・ロマーノ周辺では、発見されたすべての遺物を、他のものを傷つけることなく掘り起こすことはほとんど不可能であった。出土品の中には、彫像、円柱の台座、レリーフなど、歴史的・芸術的に興味深いものもあった。
Di This Photo was taken by Wolfgang Moroder.Feel free to use my photos, but please mention me as the
カエサルのフォーラムとトラヤヌスのフォーラム
トラヤヌス帝のフォロ・ロマーノは、トラヤヌス帝が率いたダキア戦争のエピソードが描かれた高さ約30メートルの有名なトラヤヌス帝の円柱がある、最も大きく壮麗なもののひとつである。対照的に、ユリウス・カエサルによって紀元前46年に完成したのがカエサルの広場である。この空間には、後期皇帝の崇拝に捧げられた神ユリウス神殿もあった。
By User: Airin at wikivoyage shared, CC BY-SA 1.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2
インペリアル・フォーラムとは
もともとインペリアル・フォーラムは、紀元前1世紀から紀元後2世紀にかけて、ローマ帝国の歴代皇帝が軍事的勝利を祝い、帝国の権力を誇示するために建設した一連の記念碑的広場として構想された。
Di User: Bgabel di wikivoyage shared, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=
世界遺産
2007年、インペリアル・フォーラムは、古代ローマの建築と歴史を物語る貴重なものとして、ユネスコの世界遺産に登録された。
CC BY-SA 3.0, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=25737610
「インペリアル・フォーラム通り」
インペリアル・フォーラム通りは、このエリアを通る近代的な道路で、ローマ帝国を称え、コロッセオとヴェネツィア広場を結ぶために、1931年から1933年にかけてベニート・ムッソリーニのファシスト政権によって建設された。現在でも、街全体で最も印象的で美しい通りのひとつである。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.