シーイーシー

オーストラリアのグレート・バリア・リーフに関する驚くべき事実

オーストラリアのグレートバリアリーフは、地球上で最大のサンゴ礁群である。

ほぼバンダバーグからパプアニューギニアまで2300キロにわたって広がり、驚くほど多様な生態系を内包している。

この自然の驚異には、1500種以上の魚類、400種以上のサンゴ、4000種以上の軟体動物、その他無数の海洋生物が生息している。サンゴ礁は、透明度の高い海、熱帯の島々、白い砂浜など、非常に美しい場所である。水中の動植物が豊富なため、ダイバーやシュノーケラーにとってはパラダイスだ。

グレートバリアリーフはまた、地球の健全性を示す重要な指標でもある。オーストラリアのグレート・バリア・リーフについて、まだ意外と知らない事実がいくつかある。

Autor: NASA, taken from en:ISS – originally uploaded to fr by Utilistaeur:Nataraja, also see [1] f
オーストラリアのグレート・バリア・リーフ
オーストラリアのグレートバリアリーフは、地球上で最大のサンゴの集合体である。透明度の高い海、熱帯の島々、そして白い砂浜。水中の動植物が豊富なため、ダイバーやシュノーケラーにとってはパラダイスだ。グレートバリアリーフはまた、地球の健全性を示す重要な指標でもある。オーストラリアのグレートバリアリーフについて、まだ意外と知らない事実がいくつかある。(出典:wikipedia, focusjunior.it)
Autor: Ryan McMinds – 20140723--IMG_4195.jpg, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php
オーストラリアのグレート・バリア・リーフ
この自然の驚異は、1,500種以上の魚類、400種以上のサンゴ、4,000種以上の軟体動物、その他無数の海洋生物の生息地である。
Autor: Sarah_Ackerman – https://www.flickr.com/photos/sackerman519/4251357083/, CC BY 2.0, https:/
地球最大のサンゴ
オーストラリアのグレートバリアリーフは、地球上で最大のサンゴ礁群である。ほぼバンダバーグからパプアニューギニアまで2300kmにわたって広がり、驚くほど多様な生態系を内包している。グレート・バリア・リーフの海域面積は344,000km²で、イタリア全土よりも広い。
freepik
ダイバーとシュノーケラーのパラダイス
水中の動植物が豊富なため、ダイバーやシュノーケラーにとってはパラダイスだ。
By Ciambue - https://www.flickr.com/photos/ciamabue/6106191035/, CC BY 2.0, https://commons.wikimedi
ジェームズ・クックが発見
1768年、イギリスの航海士ジェームズ・クックは太平洋への最初の航海に出発した。ジェームズ・クックはまた、科学者たちが北半球の陸地量と均衡を保つために存在するはずだと信じていた南の大陸(テラ・アウストラリス)の発見も依頼されていた。こうして、タヒチから南西に航海したクックはニュージーランドを発見し、6ヶ月かけてその地図を描いた。
By Luka Peternel - Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=90538905
月からも見える
オーストラリアのグレートバリアリーフは全長2600kmで、月からも見える地球最大の生物構造物である。
freepik
人々の保護
サンゴ礁は、海岸沿いに住む人々を波や嵐から守り、海と海岸近くの村に住む人々のコミュニティを隔てる緩衝材の役割を果たしている。
freepik
カラフルなサンゴ
サンゴの特徴である鮮やかな色合いは、藻類に由来する。色を持っているのは生きているサンゴだけだ。一方、白いサンゴは死んでいる。
freepik
そこに住む動物たちの保護
1981年に世界遺産に登録されたグレートバリアリーフは、2007年にオーストラリアの国家遺産に登録された。グレートバリアリーフ海洋公園は、漁業や観光などの人間活動の影響を最小限に抑えることを目指し、グレートバリアリーフを保護している。特に漁業が特定の区域のみに制限され、クジラ、アオウミガメ、ジュゴンなど、リーフに生息する動物が強く保護されている地域がある。
freepik
地球の健全性を示す重要な指標
グレートバリアリーフは、地球の健全性を示す重要な指標でもある。 気候変動、汚染、乱獲などの脅威が、この唯一の生態系を危機にさらしており、グレートバリアリーフの保護と保全が不可欠となっている。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.