見どころ

ナポリの「ベールを被ったキリスト」の知られざる珍事

ナポリは、その建築物や博物館などの観光スポットにおいて、世界で最も美しく魅力的な都市のひとつです。その中でも最も人気のある観光スポットのひとつが、「ベールを被ったキリスト」の像があるSansevero礼拝堂であることは間違いないでしょう。

これは、マットレスの上に横たわる死んだキリストが、その姿にぴったりと密着するベールに覆われているという驚くべき作品です。この像の素晴らしさは、一塊の大理石から彫られたヴェールが、キリストの体の上で透明になっているように見えることにあります。さらに、キリストの顔には、受難の後の苦しみの痕跡が正確に見て取れます。

この「ヴェールをかぶったキリスト像」には、ヴェールと錬金術にまつわる興味深い伝説があり、この作品の依頼主であるSangroの錬金術師Raimondoは、このヴェールを手掛けていました。

ANSA foto
ナポリの「ベールを被ったキリスト」の知られざる事柄
ナポリは、その建築物や博物館などの見どころから、世界で最も美しく魅力的な都市のひとつです。その中でも最も人気のある観光スポットのひとつが、「ベールを被ったキリスト」の像があるSansevero礼拝堂です。
ANSA foto
当初、この像はGiuseppe Sanmartinoから依頼されたものではなかった
この作品は、SangroのRaimondoの依頼で制作されました。当初、この像はチャペルの下にある家族の霊廟に置かれる予定でした。 この像が最初に依頼された彫刻家Antonio Corradiniは 、残念ながらその直後に亡くなってしまいました。彼はテラコッタのスケッチを描いただけで、そのスケッチは現在、 San Martino国立博物館に所蔵されています。 そのため、その依頼はSanmartinoに委ねられました。
ANSA foto
ディテールの重要性
新古典主義美術の専門家でない人にとっては、このような作品を見ることすら、どの部分に注目すればいいのかわからず、難しいことでしょう。彫像の壮観さは、キリストの体を覆うベールがポーズをとっているように見えるほどリアルであること(これについてはまた後述する)だけでなく、イエスの顔の透明感にもあり、そこから彼が受けた拷問の苦しみがすべて伝わってくるのです。Matilde Serao (イタリアの著名なジャーナリスト)も、キリストの体の完璧さを強調しています。若く、強く、健康的で、「美しいが破れた」体、その上にベールがかかっており、「いくつかの痛々しい姿を柔らかくしている、と語ります。
ANSA foto
Raimondo Sangro と錬金術にまつわる伝説
SangroのRaimondo は、有名な科学者であり錬金術師でした。ヴェールの完成度の高さから、何世紀にもわたって、このディテールはもともと作品にはなく、「ファブリック・マーブリング」と呼ばれる錬金術のプロセスによって後から付け加えられたという伝説が生まれました。ヴェールが大理石に置かれ、 化学プロセスによって、ゆっくりと大理石に「変化」していったというものです。しかし、作品の化学分析、そして制作中に交わされた手紙のやり取りから、この像全体が1つの大理石の塊から彫られたことは疑いようがありません。
ANSA foto
数世紀にわたるアーティストたちの驚くべき反応
この像はすぐに有名になり、18世紀にはすでに多くの芸術家の巡礼地となっていました。 最近では、イタリアの超有名指揮者Riccardo Mutiが、自身の指揮するMozartの「Requiem」の表紙にAntonio Canovaの「ヴェールされたキリスト」のイメージを選びました。作家Héctor Bianciottiも、このヴェールに見とれているうちに、Stendhal 症候群にかかったと言われています。
ANSA foto
サンセベロチャペル
Sansevero 礼拝堂は、サンタ・マリア・デッラ・ピエタ教会とも呼ばれ、San Domenico Maggiore広場の近くに位置し、現在は廃墟となっています。  礼拝堂には、「ヴェールされたキリスト」のほか、Antonio Corradiniの「謙虚さ」、Francesco Queiroloの「幻滅」など多くの名作が展示されています。さらに、この霊廟は、祈りの場として構想されただけでなく、おそらく何よりもメーソンの時間(同サイトで報告されている)でもあり、Raimondo di Sangroの心を反映する象徴と意味に満ちていることを、多くの人は知らないでしょう。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.