CITY

メルボルンについてあなたが知らない5つのこと

メルボルンは、オーストラリア南東部に位置するビクトリア州の州都で、シドニーに次いでオーストラリアで2番目に人口の多い都市である。グレーター・メルボルンと呼ばれる都市圏に属するこの都市は、オーストラリア大陸の真の文化都市である。

メルボルンは、オーストラリア映画(映画史上初の長編映画)、オーストラリア・テレビ、オーストラリア印象派美術、そして音楽から文学に至るまで、数多くの芸術的潮流の発祥地である。

歴史にあふれ、アボリジニの過去を再発見できるこの素晴らしい場所には、ヨーロッパやアメリカ人が知らないような不思議な魅力がたくさんあります。

Luca Reverberi
メルボルンについてあなたが知らない5つのこと
メルボルンは、オーストラリア南東部に位置するビクトリア州の州都で、シドニーに次いでオーストラリアで2番目に人口の多い都市である。グレーター・メルボルンと呼ばれる都市圏に属するこの都市は、オーストラリア大陸の真の文化都市である。メルボルンは、オーストラリア映画(映画史上初の長編映画)の発祥地であり、オーストラリアのテレビ、オーストラリア印象派美術、そして音楽から文学に至るまで、数多くの芸術的潮流の発祥地でもあります。歴史に満ち、アボリジニの過去を再発見するこの素晴らしい場所には、ヨーロッパやアメリカ人が知らないような不思議な魅力がたくさんあります。
Luca Reverberi
ジェームズ・クックのコテージ
この街の主な見どころのひとつは、ジェームズ・クックのコテージだ。キャプテン・クックは有名なイギリスの航海士で地図製作者であり、ヨーロッパ人として初めてオーストラリアの海岸に上陸した人物とされている。このコテージのユニークな点は、実はクックの両親によってイギリスのニュー・ヨークシャー州グレート・エイトン村に建てられたことだ。その後、1934年にオーストラリアの慈善家ラッセル・グリムウェイドによってメルボルンに運ばれた。購入後、コテージは解体され、現在のフィッツロイ・ガーデンに移築された。
Luca Reverberi
世界で最も住みやすい都市
メルボルンは、エディンバラに次いで世界で2番目にユネスコの「文学都市」に選ばれた。また、エコノミスト誌の特別ランキングでは、7年連続で「世界で最も住みやすい都市」に選ばれている。
Luca Reverberi
メルボルンの移民
第二次世界大戦後、メルボルンは大規模な移民の嵐に見舞われた。イタリア人、ギリシャ人、トルコ人などが新しい生活を求めてこの街に押し寄せた。メルボルンで特に多く、定着しているのがアジア系コミュニティで、日本人をはじめとする数千人が暮らしている。中心街のレストランや商店もアジア系が多く、次いでイタリア系やギリシャ系のレストランが多い。このため、メルボルンは世界で最も多文化的な都市のひとつとなっている。
Luca Reverberi
AC/DCレーン
メルボルン市内で最も興味深い通りのひとつであり、最も特徴的な通りのひとつは、間違いなくビジネス街の中心にある路地、AC/DCレーンである。通りの名前は、オーストラリアの有名なハードロックバンドAC/DCへのオマージュであり、2004年に変更された。バンドに捧げられた落書きで埋め尽くされた非常に狭い通りで、最も特徴的なのは間違いなく壁に刻まれたブライアン・ジョンソンのイメージだ。
Luca Reverberi
ビクトリア州で最も注目されているスポーツ
オーストラリアは世界有数のラグビー強豪国だが、すべての地域でラグビーが最も人気のあるスポーツというわけではない。ビクトリア州ではラグビーはほとんど見られないが、オーストラリアン・フットボールは非常に人気がある。広大な楕円形のフィールドで、1チーム18人でプレーするスポーツである。ラグビー、アメリカンフットボール、その他多くのスポーツがミックスされている。試合は3時間以上続き、スタジアムに行くと、ヨーロッパ人には珍しいミートパイ(meatpie)を食べるのが定番だ。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.