ADVENTURE

世界で最も怖い場所、最も神秘的な場所、今すぐ発見しよう

イタリアからメキシコ、ルーマニア、日本まで、ぜひ訪れてほしい見たい世界の自然公園や中世の城など、怖い場所シリーズをご紹介します。

スリルとミステリーに惹かれ続けてきた人、鳥肌が立つような感覚が好きな人、好きなジャンルがホラーである人など、地球上で最も不気味な場所を平気で訪ねてしまう人なら必ず訪れるべきでしょう。

身震いするようなそして冒険好きな人に、絶対に行って発見してほしい最も恐ろしい場所を紹介します。

Freepik, Wikimedia Commons
世界で最も怖い場所
イタリアからメキシコ、ルーマニア、日本まで、ぜひ訪れてほしい見たい世界の自然公園や中世の城など、怖い場所シリーズをご紹介します。スリルとミステリーに惹かれ続けてきた人、鳥肌が立つような感覚が好きな人、好きなジャンルがホラーである人など、地球上で最も不気味な場所を平気で訪ねてしまう人なら必ず訪れるべきでしょう。身震いするようなそして冒険好きな人に、絶対に行って発見してほしい最も恐ろしい場所を紹介します。
Tormod Sandtorv, Wikimedia Commons
地獄の門(トルクメニスタン)
「地獄の門」と呼ばれるガス状のクレーター「ダルヴァザ」は、永久に噴火を続け、その深さは100m以上にもなります。しかし、どうやってできたのでしょうか?1971年、ソ連の地質学者たちが石油を求めて掘削基地を設置しました。天然ガスが充満する洞窟に挿入したところ、科学者たちの道具をすべて飲み込んでしまいました。地質学者は、有毒ガスが広がることを恐れて、数日以内にすべてのガスを消費することを期待して火をつけました。しかし、今日でも炎は当時と同じように燃え続けているのです。
Jordy Meow, Wikimedia Commons
自殺の森(日本)
青木ヶ原樹海は、富士山のふもとにある森です。この森は「自殺の森」として有名で、日本で最も多くの自殺者が出ている場所であり、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジに次ぐ世界第2位の自殺の名所にもなっています。そのため、森の中には、自殺を図ろうとした人に専門家の助けを求めるための日本語と英語の看板が設置されています。
Freepik
スタンレーホテル(コロラド州、アメリカ)
この建物を見て、何か思い出しませんか?そう、ここはスティーブン・キングが滞在した場所であり、彼はスタンレー・ホテルからインスピレーションを受けて、『シャイニング』のオーバールック・ホテルを作りました。作家は、冬季閉鎖の前夜で、ホテルがほとんど空だった217号室に滞在しています。スタンレーホテルには幽霊が出るという説が多く、キッチンのスタッフは、ボールルームで行われているパーティーの音を聞いたと報告し、後にその部屋は無人であることを発見しました。ロビーにいた人は、ボールルームで誰かがピアノを弾いている音を聞いたと告白しましたが、ピアノの前に座っている人はいませんでした。従業員は、ピアノを弾くことができたフリーラン・O・スタンレー(ホテルの創設者)の妻、フローラの幽霊だと考えています。ホテルの客室にあるテレビの42チャンネルでは、同じ映画が繰り返し放映されています。もちろん、スタンリー・キューブリックの『シャイニング』です。
Freepik
ポヴェグリアの精神病院(イタリア)
ポヴェグリアはヴェネチアのラグーンに浮かぶ島です。この島には、黒死病にかかった人々がすべて運び込まれました。死体は集団墓地に投げ込まれ、そこで腐敗するまで放置されました。島の北側の地中には、今でもその死体の跡が残っています。その後、ここに精神病院が建てられ、医師が患者にひどい拷問を加えていたという話もあります。長い間放置されたこの施設には、今もその人たちの呪われた魂が彷徨っていると言われています。
Tuna-baron, Wikimedia Commons
ヘリングリー精神病院(イーストサセックス州ヘリングリー、イギリス)
ヘリングリー精神病院は、イーストサセックス州のヘリングリー近郊にあり、1903年に開院した精神病院です。ロボトミーや電気ショックなど、当時としては最高の治療が施されていました。多くの患者が偽の回復証明書で釈放されたため、暴力行為や通り魔的な殺人が増加し、1990年に閉鎖されました。この施設は、イギリス国内はもとより、世界でも有数の心霊スポットと言われています。
Freepik
エディンバラ城(スコットランド)
エディンバラ城は、エジンバラ市街を見下ろす丘の上に建つ7世紀に建てられた城です。20年前、240人以上の研究者が超常現象を検出するための高度な装置で城を囲み、全員が幽霊を目撃し、不気味で不可解な現象を見たと報告しました。しかし、それだけでは不十分で、多くの人が悪寒を感じたり、触られたり、引っ張られたりしていることを明らかにしています。
Freepik
デス・ウォーク(ボリビア)
ボリビアの通信路である「ユンガスの道」。全長約56kmで、ラパスとコロイコを結んでいます。この道は、その危険性から「死の道」として有名です。標高差3,000m以上、狭い路盤、ガードレールや防護装置が全くないルートで、時には非常に激しい勾配、ほぼ毎日発生する霧と雨などがその理由です。毎年200〜300人がこのルートで命を落としていますが、その主な原因は、道路からの滑落と地盤沈下です。1983年7月24日、ボリビア史上最も悲惨な交通事故が発生し、100人以上が死亡しました。
Freepik
ドラキュラ城(トランシルバニア、ルーマニア)
大定番、トランシルバニアとワラキアの国境にあるブラン城。この要塞は、誰もがドラキュラの故郷とみなしています。「ドラキュラ」の作者であるブラム・ストーカーは、ルーマニアのワラキア公ヴラド3世という血に飢えた独裁者から、まさに吸血鬼伯爵の姿のインスピレーションを得たと言います。
Freepik
カペラ・ドス・オッソス(ポルトガル)
エヴォラ市にあるカペラ・ドス・オッソスは、その名の通り、人骨や頭蓋骨で飾られています。人骨の数は約5,000体。骨や頭蓋骨の多くは、フランシスコ会修道士で埋葬されたこの地域の墓地や教会から出土したものだそうです。これらの頭蓋骨の多くには、その人の名前が書かれた落書きがあります。また、ここには鎖で吊るされた2つの乾燥した死体があり、そのうちの1つは子供のものです。入り口のプレートには「Nós ossos que aqui estamos pelos vossos esperamos」(ここにある私たちの骨は、あなたがたを待っている)と書かれています。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.