見どころ

アメリカ独立のシンボル、自由の鐘の歴史

自由の鐘はペンシルベニア州フィラデルフィアにある総銅製の鐘で、1752年9月1日にこの地に到着しました。アメリカ人にとってこの鐘は、「シンボル」とまでは言わないまでも、アメリカ独立戦争とイギリスに対する独立闘争を象徴する最も偉大な作品のひとつです。

1776年7月4日、この鐘の音がフィラデルフィアの市民を集め、独立宣言が読み上げられました。それ以前にも、1774年の第1回大陸会議の開会を告げるときや、1775年のレキシントンとコンコードの戦いの後にも鳴ったことがあります。

象徴的だったのは、ジョージ・ワシントン(初代アメリカ合衆国大統領で、独立戦争中のアメリカ軍司令官)の葬儀で最後に奏でたときでした。

Di Tony the Misfit on Flickr - [1], CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11201
自由の鐘の短い歴史と興味深い事実
自由の鐘はペンシルベニア州フィラデルフィアにある総銅製の鐘で、1752年9月1日にこの地に到着しました。アメリカ人にとってこの鐘は、「シンボル」とまでは言わないまでも、アメリカ独立戦争とイギリスに対する独立闘争を象徴する最も偉大な作品のひとつです。1776年7月4日、この鐘の音がフィラデルフィアの市民を集め、独立宣言が読み上げられました。それ以前にも、1774年の第1回大陸会議の開会を告げるときや、1775年のレキシントンとコンコードの戦いの後にも鳴り響いたことがあります。
自由の鐘が作られた場所
自由の鐘とも呼ばれるリバティ・ベルは、1752年にイギリスのロンドンでホワイトチャペル鐘鋳造所によって鋳造されました。当初の名称は“ペンシルベニア州議会の鐘”でしが、自由を求める闘いの象徴と考えた奴隷廃止論者から現在の名称になったのです。
自由の鐘に関するいくつかの事実
重量は950kg、拍子木は約20kg。かつては、ユネスコの世界遺産に登録された20のアメリカ史跡のひとつ、独立記念館の塔に設置されていました。1876年の独立100周年には、百周年記念の鐘に取って代わられました。現在、この鐘はリバティ・ベル・センター内の通り沿いに展示されています。
アメリカ史におけるマイルストーン
1776年の独立宣言の朗読の際にも鳴り響きましが、1774年には、アメリカ合衆国の歴史上画期的な出来事である第1回大陸会議が開催された際にも鳴り響きました。このとき、13植民地のうち12植民地(ジョージア州はスポークスマンを派遣しなかった)の代表が、英国議会が命じたIntolerable Acts に対抗してどのような行動を取るべきかを議論しなければならなかったのです。
旅の鐘
長年にわたり、自由の鐘は何度か米国を旅しています。最も有名な旅のひとつは、1915年、パナマ運河の開通を祝うためにサンフランシスコ博覧会を訪れたときです。
有名な自由の鐘の割れ目
この鐘は、そのひび割れでも有名です。この亀裂は最初に使用されたときからできていたもので、新大陸に到着したときにはすでに非常に目立つ状態になっていました。そのため、一から鋳造して作らなければならなかったのです。ジョン・パスとジョン・ストウという2人のアメリカ人鍛冶職人がリバティ・ベルの製作を担当しました。
アートギャラリー プライベートコレクション
30/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.