見どころ

パリのルーブル美術館についてあまり知られていない5つの事実

フランスのパリにあるルーブル美術館は、世界で最も有名な美術館のひとつであり、来館者数では世界第1位である(2019年は960万人)。セーヌ川とリヴォリ通りの間、1区のリヴ・ドロワットに位置する。

もともとは要塞として建設されたが、改修を重ね、王室や政府機関の所在地にもなっている。この名前は、ルーブル美術館が建っている宮殿に由来する。

内部には、「モナ・リザ」、「岩窟の聖母」など、歴史上最も有名な絵画を含む、ほとんど無限の、果てしない芸術作品のコレクションが収められている。美術館だけでなく、その構造や歴史についても多くの好奇心がある。

Di Benh LIEU SONG (Flickr) - Opera propria, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?
ルーヴル美術館に関する興味深い事実
フランスのパリにあるルーブル美術館は、世界で最も有名な美術館のひとつであり、来館者数では世界第1位である(2019年は960万人)。セーヌ川とリヴォリ通りの間、1区のリヴ・ドロワットに位置する。もともとは要塞として建設されたが、改修を重ね、王室や政府機関の所在地にもなっている。この名前は、ルーブル美術館が建っている宮殿に由来する。内部には、モナ・リザ、岩窟の聖母など、歴史上最も有名な絵画を含む、ほとんど無限の、果てしない芸術作品のコレクションが収められている。美術館だけでなく、その構造や歴史についても多くの好奇心がある。
By Diego Delso - Own work, CC BY 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12635542
「ルーブル美術館」はもうひとつある
パリだけでなくアブダビにもルーヴル美術館があり、2016年に竣工した。アラビア半島全体で2番目に大きな美術館で、その建設には約6億米ドルが必要だった。開館以来、毎年平均約100万人が訪れている。
Getty Images
モナリザの盗難
1911年8月20日(日)と21日(月)の夜、美術館の休館日前に「モナ・リザ」が盗まれた。盗難の犯人は、イタリアのルイーノ近郊の村、ドゥメンツァ出身のヴィンチェンツォ・ペルッジャという男だった。彼はこの作品がナポレオンによって盗まれたと確信していたため、「イタリアに返したい」という思いから、勤務先の美術館から盗んだのだった。彼は2年後、フィレンツェでこの作品を売ろうとして、28ヵ月間手元に置いたまま逮捕された。この盗難事件は、この絵の名声を高めることに大きく貢献した。
Getty Images
ルーブル美術館には5つのピラミッドがある
非常に有名なピラミッドI.M.ペイのピラミッドは、ルーブル美術館のすべての写真に写っているピラミッドだけではない。信じられないことに、ルーヴル美術館には全部で5つのピラミッドがある。メインのピラミッドのほかに、I.M.ペイのピラミッドを囲むように、同じくガラスでできた3つの小さなピラミッドがある。5つ目のピラミッドは、カルーセル・デュ・ルーヴルにある「ルーヴル美術館の逆ピラミッド」(Louvre Pyramide inversée)である。
Getty Images
戦時中、ルーブル美術館はナチスの倉庫となった
第二次世界大戦が始まる前、ルーブル美術館はドイツ軍から作品を守るため、ほとんどの作品が空っぽにされていた。実際、ナチスは征服した国の美術館を略奪し、戦利品としてドイツに持ち帰っていた。 ヒトラーの命令で、ユダヤ人社会の私有財産も保護しなければならなかった。略奪と破壊に特化した任務部隊であるERRは、この目的のために創設された。フランス占領中、ルーブル美術館を盗んだ作品を保管する倉庫として使ったのは、まさに愛すべきドイツ人たちだった。
By Martin Falbisoner - Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=44266
ナポレオン美術館
1803年、ルーヴル美術館はナポレオン美術館と改名し、1814年までそのままの名称を使用した。ヨーロッパ全土を征服したフランス皇帝は、美術館のコレクション増加に多大な貢献をした。1815年、ナポレオンが退位すると、約5000点の美術品が元の国に送り返された。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.