見どころ

サン・シーロ・スタジアムについてあなたが知らないかもしれない5つの不思議

サン・シーロ・スタジアムとしても知られるジュゼッペ・メアッツァ・スタジアムは、ミラノにあるイタリアの多目的スポーツ施設である。名前の由来となったサン・シーロ地区に建っているが、1934年と1938年に代表チームでワールドカップを2連覇した歴史的なミラノ人サッカー選手、メアッツァにちなんで1980年に命名された。

有名なコンサートが開催されるこのスタジアムは、主にミラノの2大チーム、A.C.ミランとF.C.インテルの「ホーム」であり、世界で最も有名かつ重要で人気のあるスタジアムの1つとして知られている。

このスタジアムは非常に長い歴史を誇り、多くのチャンピオンがこの舞台を踏んできた。しかし、その歴史と建築に関するいくつかの不思議は、誰もが知っていることではないかもしれない。

Di Arne Müseler - originariamente su Commons File:San siro stadium.jpg , lavoro fotografico via dro
ミラノのサン・シーロ・スタジアムについてあまり知られていない5つのこと
サン・シーロ・スタジアムとしても知られるジュゼッペ・メアッツァ・スタジアムは、ミラノにあるイタリアの多目的スポーツ施設である。名前の由来となったサン・シーロ地区に建っているが、1934年と1938年に代表チームでワールドカップを2連覇した歴史的なミラノ人サッカー選手、メアッツァにちなんで1980年に命名された。有名なコンサートが開催されるこのスタジアムは、主にミラノの2大チーム、A.C.ミランとF.C.インテルの「ホーム」であり、世界で最も有名かつ重要で人気のあるスタジアムの1つとして知られている。このスタジアムは非常に長い歴史を誇り、多くのチャンピオンがこの舞台を踏んできた。しかし、その歴史と建築に関するいくつかの不思議は、誰もが知っていることではないかもしれない。
Di Sconosciuto - https://www.milanodavedere.it/racconti/san-siro-meazza/, Pubblico dominio, https://
サン・シーロの本当の名前
サン・シーロ・スタジアムの本名がジュゼッペ・メアッツァ・スタジアムであることを知る人は少ないが、これは1980年にイタリア人サッカー選手に敬意を表して改名されたものである(サン・シーロはスタジアムのある地区の名前)。メアッツァは14シーズンにわたりインテルでプレーし、3度の優勝に貢献した。現在もネッラズーリの得点王である。さらにメアッツァは、1934年と1938年に、当時リメ杯と呼ばれていた2つの世界選手権を代表チームで制覇している。
Getty Images
スタジアムの将来は不透明
イタリア国外ではあまり知られていないかもしれないが、インテルとミランはともに、近代的なクラブに遅れをとらないよう、新しいスタジアムの建設を望んでいる。しかし、何年もの間、市行政は必要な許可を与えてこなかった。1930年代にACミランから購入した現在のサン・シーロの隣に、ミラノ市議会が所有する新しい共有スタジアムを建設するという話も当初はあったが、サン・シーロの改築というアイデアを捨てたミラノの2クラブは、現在それぞれ独立したスタジアムを建設しようとしている。ロッソネリはミラノを離れ、郊外の町に移転することを検討している。インテルがどうしたいのかはまだわからない。
Getty Images
サン・シーロで行われた最初のダービー
サン・シーロのスタジアムで行われた最初の試合は、ダービーだった。1926年、わずか13ヶ月の建設工事を経て、9月19日に開幕戦が行われた。 勝者はネッラズーリで、6-3のスコアで相手に勝利した。ジュゼッペ・アゴスティーノが新スタジアムで最初のゴールを決めたのだ。しかし、最初の公式戦は数週間後、正確には10月3日に行われた。その日、ミランは26-27シーズンの開幕戦としてサンピエルダレーネと対戦した。
Getty Images
記録的な出会い
サン・シーロは、1960年にドゥイリオ・ロワとカルロス・オルティスの世界タイトルマッチを観戦した53,043人の観客を擁し、ヨーロッパレベルのボクシング試合における最多観客動員記録を保持している。
Getty Images
コンサート会場
サッカーの試合だけでなく、サン・シーロでは、ローリング・ストーンズ、U2、マドンナ、リアーナなど、音楽史に名を残す有名アーティストのコンサートなど、国際的な大イベントが開催されてきた。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.