ADVENTURE

世界で最も危険な空港の数々

特に目的地が遠い場合、飛行機を利用するのが唯一の選択肢となることが多いです。

ほとんどの都市には離着陸に適した場所がありますが、滑走路のスペースが少なく、途中降機が非常に危険な場所では状況が異なります。

例えば、山々に囲まれた大自然の中にあり、氷に覆われた地域や高度が非常に高い地域は、近代化が進んでいるにもかかわらず、操縦が特に困難な空港となります。ここでは、経験豊富なパイロットにとっても、世界で最も危険な空港をいくつか紹介します。

Wikimedia Commons
スリリングな着地と離陸
特に目的地が遠い場合、飛行機を利用するのが唯一の選択肢となることが多いです。ほとんどの都市には離着陸に適した場所がありますが、滑走路のスペースが少なく、途中降機が非常に危険な場所では状況が異なります。例えば、山々に囲まれた大自然の中にあり、氷に覆われた地域や高度が非常に高い地域は、近代化が進んでいるにもかかわらず、操縦が特に困難な空港となります。ここでは、経験豊富なパイロットにとっても、世界で最も危険な空港をいくつか紹介します。
Enrique Galeano Morales, Wikimedia Commons
トンコンティン国際空港、ホンジュラス
ホンジュラスのテグシガルパから6kmに位置するこの空港は、短い滑走路がいくつかの山脈の間にあるため、着陸ルートが非常に危険であり、長年にわたり民間機とプライベート機の両方で事故が発生しているため、最も危険な空港の1つとされています。
Hugues Mitton, Wikimedia Commons
クールシュベル空港、フランス
この小さな空港は、フレンチアルプス、サヴォア県のスキーリゾート、クールシュヴェルの近くにあります。滑走路の急勾配は18.5%にも達し、下り坂での離陸操作や上り坂での着陸操作は非常に危険です。
Sue Jackson, Wikimedia
バーラ空港、スコットランド
バーラ空港は、アウター・ヘブリディーズ諸島のバーラ島北部に位置する空港です。この空港は、滑走路がビーチになっているのが特徴です。その特殊性から、いくつかのテレビや映画作品のセットとして選ばれています。しかも、潮が満ちると滑走路が水没してしまうのです。
Rat2, Wikimedia Commons
カムド・バムダ空港、チベット
世界で最も長い滑走路(5.5km)を持つ空港のひとつです。滑走路がこれほど長いのは、空港が標高4000m以上の高さにあるために、希薄な空気の中で航空機のエンジンの効率が低下するためです。 そのため、パイロットは通常よりはるかに長いランアップを強いられます。飛行機を降りる前に、乗客はゆっくりと移動するよう注意されます。希薄な空気は、失神や気圧の低下を引き起こす可能性があるからです。
Pbkiwi, Wikimedia Commons
氷の滑走路・南極
アイスランウェイのメイン滑走路は南極の万年雪の上にあるため、離着陸が難しく、視界不良や悪天候でパイロットが滑走路の位置をすぐに確認できないこともあります。
Andrew Griffith, Wikimedia Commons
ジブラルタル空港(イギリス領)
ジブラルタル空港は、民間と軍用の両方を兼ね備えています。また、滑走路が街のメインストリートであるウィンストン・チャーチル通りのど真ん中にあり、飛行機の発着があるときは踏切で一時的に閉鎖するというユニークな特徴を持っています。
Andrei Dimofte, Wikimedia Commons
マデイラ空港・ポルトガル
“クリスティアーノ・ロナウド”国際空港(サッカー選手はマデイラ島のフンシャル生まれ)とも呼ばれるこの空港は、山と海の間に位置しています。近代化される前の1977年から1983年にかけて、この空港で3件の重大事故が発生しています。
Mestersvig, Wikimedia
ナルサルスアック空港、グリーンランド
この空港はグリーンランドの南部、フィヨルドの間に位置し、非常に強い風と短い滑走路のために、世界で最も危険な空港のひとつとされています。
Photocapy, Wikimedia Commons
サバ・ジュアンショ・E・イラウスキン空港(カリブ海・オランダ)
空港はサバ島の20mの崖の上にあります。滑走路は世界でも有数の短さ(400m)であるため、最大16人乗りの小型機しか到着せず、ジェット機の滑走路は禁止されています。
Douglas J. McLaughlin, Wikimedia Commons
パロ国際空港、ブータン
標高5,500mの山々に囲まれたこの空港は、世界で最もアクセスしにくい場所にあり、滑走路に着陸するために必要な証明書と許可証を持つパイロットは、ごくわずかです。そのため、この空港を発着するフライトは、天候に恵まれ、日の出から日没までの日中だけという厳しいルールが定められています。
Aldo Bidini, Wikimedia Commons
プリンセス・ジュリアナ国際空港、セント・マーチン島
滑走路の長さが2,180mしかないため、飛行機は小アンティル諸島のマホビーチのビーチ上空に超低空で着陸せざるを得ず、非常に危険な立ち寄りとなります。島内には、航空機のエンジンから噴射される空気を浴びる危険性を警告する看板があるほどです。
Timo Breidenstein, Wikimedia Commons
スキアトス空港、ギリシャ
ギリシャのスキアトス島にある空港は、プリンセス・ジュリアナ国際空港と同様、滑走路の長さが短いことで有名です。そのため、着陸する飛行機は公道上を非常に低い高度で通過することを余儀なくされます。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.