CULTURE

今も残る世界の不思議な結婚式の風習

世界には不思議な結婚式の習慣があります。

結婚式の習慣とは、結婚式当日に守られる、あるいは結婚式そのものに関係する風習や伝統のことです。これらの風習は国によって異なり、地域によっても異なることが多いです。しかし、世界には実に奇妙な、現在でも残っている伝統があるのです。

例えば、スコットランドの酔った黒人の花嫁の風習や、花嫁の体からパンを焼く風習などです。 ギャラリーで、世界の奇妙な結婚式の風習をご覧になってください。

freepik
世界の不思議な結婚式の習慣
結婚式の習慣とは、結婚式当日に行われる習慣や伝統、または結婚式そのものに関連することを指します。これらの習慣は国によって異なり、また地域によっても異なることが多いです。しかし、世界には実に奇妙な、現在でも残っている伝統があります。例えば、スコットランドの酔った黒人の花嫁の習慣や、花嫁の体からパンを焼く習慣などです。 ギャラリーで、世界のその他の奇妙な結婚式の習慣をご覧ください。
freepik
スコットランドで酔っぱらう黒人の花嫁
スコットランドには、結婚式の前にちょっと変わった習慣があります。花嫁は白いドレスを着る前に、目撃者や親しい友人たちによって誘拐されるのです。誘拐された花嫁は、腐った卵と灰と牛乳を混ぜた黒いものをかけられ、羽を振り回されます。この状態の花嫁は、その地域のパブを10軒以上訪れ、どこでもお酒を飲まなければなりません。
freepik
アイルランドにダンスはない
アイルランドでは、ノームや妖精が実在すると信じている人が多いので、花嫁もその不思議な力に気をつけなければなりません。そのため、アイルランドの花嫁は、夜中に邪悪な存在にさらわれてしまうかもしれないので、踊らないように気をつけるのだそうです。その理由もあって、結婚式では踊らないのです。
freepik
花嫁の体でパンを焼く;スロバキア
ほとんど忘れ去られた風習ですが、今でも時折出会うことがあります。花嫁は家族によって蜂蜜を塗られ、小麦で転がされます。花婿のために焼くパンの生地に、残ったものを加えて焼きます。
freepik
初夜に別れを;フランス
フランス人が結婚すると、ものすごい暴動が起こり、新郎新婦の窓の真下で披露宴が行われるのだそうです。笛を吹き、木のスプーンで鍋を叩き、鈴を鳴らす。花嫁が階段を下りてきて、彼らを招き入れ、朝まで続く大酒宴が始まるのである。だから、夫婦になった最初の夜は、決して二人きりにはなれないのです。
freepik
クレバティの儀式;ギリシャ
クレバティと呼ばれるこの儀式は、ゲストが婚約者の家に集まり、二人のベッドにお金を投げ入れるというものです。ギリシャでは、親戚一同を招待し、その親戚が友人を招待するという習慣があります。平均的な結婚式の招待客数は500〜1500人にのぼります。
タブレットPCとテクノロジーガジェット
14/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.